個人事業主

平成29年からスタートした医療費控除の特例

平成29年からスタートした医療費控除の特例

今年、平成29年から医療費控除に新しい制度が導入されました。 (今のところ平成33年まで適用されることになっています。)

あんまり浸透していない気がします。。説明が「適用してみたい!」という意欲を起こさせるものでないものが多かったんだと思います。

どういう制度なのでしょうか?

「医療費控除よりも健康に寄与する良い制度」なので、適用したくなるようなサイトを作ってみました。

《背景》

「治療より予防」という健康上の常識であるものの、従来の医療費控除では予防関係の出費は認められていませんでした。

ただ、「治療より予防」を意識した方が人間にとっては良いわけです。

国としても医療費がかさむという恒常的な問題がありますから、同様です。
治療より予防の方が良いのです。

「なるべく予防に気をつけて病院に行かないで元気に暮らしてほしい」

じゃあ、そういう努力のための費用を医療費控除の特例ということにしよう!

ということで創設されました。

《制度》

①まずは、予防のために頑張っている人が対象になります。

健康診断や人間ドックを受けている人が対象になります。会社の定期健康診断でOKです。

②次に制度の概要です。

従来の医療費控除よりシンプルになっています。

「医療費とは?」などと悩む必要もありません。

薬局で買う薬に

このマークがあれば対象。
なければ対象外です。

実にシンプルです。

《注意点》

①従来の医療費控除とどちらを使うか選ぶ必要あります。
年末までどちらか良いか分かりませんから両方領収書はとっておきましょう。

②『従来の医療費控除の領収書』と『セルフメディケーション税制の領収書』を合算して申告してしまわないようにしましょう。

(特定一般用医薬品等購入費を支払つた場合の医療費控除の特例)

関連記事

  1. 仮想通貨の所得計算のやっかいなところ③ープログラムバグ

  2. 確定申告の医療費控除について。適用すべき目安は?

  3. サラリーマンの経費計上ー「特定支出控除」ってなに?

  4. 個人事業主が所得税を申告する:自宅でいいの?部屋を借りた方がいいの?

  5. 源泉徴収って何?

  6. 仮想通貨の所得計算のやっかいなところ②ー取引手数料

対象薬検索サイト

仮想通貨時価取得ツール

loading...

※時価はCryptoCompareから取得しています。

 

PAGE TOP